So-net無料ブログ作成
検索選択

脇の多汗症手術にはボトックス注射 [ヘルス&ビューティー(情報教材)]

多汗症対策として、手術によって原因を取り除くというやり方もあります。

ボトックスという薬剤を脇の下に注射する手術では、一定期間発汗を抑えて多汗症の対策ができます。

今、多汗症手術がいるのかはよく検討しましょう。

ボトックス注射にはどれくらいの多汗症を防ぐ効果が得られるのかという事をよく考え

カウンセリングをしっかり受けることが大切です。

脇の多汗症手術の種類としては、ボトックス注射があります。

汗の分泌を抑えるために、筋肉や神経から交感神経に発汗作用を伝える部分を

ボトックス注射でブロックします。

脇の下の数箇所に注射するだけですので、10~20分程度で終わります。

ボトックスを脇の下に注射することになりますが、術後の痛みはほとんど伴いません。

治療時間も短く済みますし、メスを使わないので痕も残りません。


名医が教えてくれた”わきが”改善法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

ボトックス注射による脇の多汗症手術にもデメリットはあります。

効果持続期間は数ヶ月から長くて1年ほど、多汗症が完治するわけではないということが

ボトックス注射のデメリットです。

アメリカの安全基準は世界でも厳しい基準で知られていますか

その基準で安全と認められているボトックスはとても安全性の高い薬品であるということができます。

多汗症対策にボトックス注射を用いる際には

ボトックス注射の特長と自分の多汗症の程度を見極めて使用を決めるべきです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: